エステと言うと、お店に通うイメージを持つ人が多いです。しかし自分でもできるセルフのエステもあります。では自分でする時にはどのようなやり方があるのでしょうか。

セルフエステの手順

スチーマーを利用する バケツにお湯を張って、バスタオルを頭にのせましょう。これがスチーマーの代わりになります。

さらにアロマも使いましょう。アロマを入れたホホバオイルで顔を撫でながらマッサージしていきます。 作り方はホホバオイル小さじ1杯に、アロマ1滴を入れるといいでしょう。

できれば女性ホルモンの作用を促すローズや、ジャスミンなども入れてみるとより美容効果が上がります。 女性ホルモンがアップすれば女性らしさも上がります。

そしてマッサージは手を使い行います。顎から耳の後ろ、口角からこめかみにかけて両手を使用し、外向きに螺旋を描きます。この時に柔らかく力を入れないでクルクルと転がしてみましょう。

最後に耳の後ろ側から、鎖骨に向けてスーッと手を下ろしていきます。このようにする事でリンパの流れが改善されますから、肌のくすみや浮腫などの解消を促します。

マッサージ後は毛穴を開いてオイルを浸透させましょう

そしてマッサージを終了した後はしばらく浸透するまで待ちましょう。 浸透するまでの間は音楽を聴いても良いですし、読書をしてもいいでしょう。またホットタオルを使い顔に乗せても良いです。

これなら毛穴が開いて有効成分もより浸透しやすくする事ができます。 その後には化粧水や乳液を付けなくてもかまいません。

オイルが乗っている状態で寝てもかまいません。次第に肌がぷりぷりして小じわが目立たなくなっています。

セルフでエステをしてもいいのですが、これでは物足りない人はサロンに通えば、色々なコースもあります。プロの手でケアしてもらえるので安心です。

自分でするのに限界を感じるなら、サロンに行ってみましょう。当サイトの渋谷で有名なエステサロンがおすすめです。

顧客満足度上位独占!渋谷で評判のエステサロンに行く

旅行とエステの両方を贅沢に楽しむ

忙しい生活の中で、ちょっとした贅沢やご褒美は頑張り続けるための必要な事柄となります。それも美容に役立つことであれば、なおさら楽しく大切な時間になります。

近年は旅行とエステの両方を贅沢に楽しめるプランが増えており、美容のために利用する方も多くなりました。セットとして販売されていることも多くあります。

また個人的に旅先で予定に組み入れることもできるでしょう。家族や友人など一緒に行動できる人と、具体的な計画を立ててみましょう。

旅行先でエステを受けると心身をリフレッシュできる

旅行先でエステを受けることのメリットは数多くあります。温泉地であれば、自然と温泉と美味しい食事とエステ、という贅沢な時間を楽しめます。

そして自然のマイナスイオンの効果でリフレッシュし、温泉で体液の流れを良くし、筋肉を柔軟にした状態で施術を受ければ、効果も最大限引き出すことができ、美容に大変役立てることができます。

温泉がない観光地でも、非日常の感覚が心身をリフレッシュさせるので、高い効果を得ることができるでしょう。

アドバイスを受けて普段の生活にも役立てよう

旅行は刺激が多く楽しい思い出になりますが、旅先でプロの施術と共にアドバイスも受けると良いでしょう。

日常生活で美容に気を遣っていても、いつのまにか乱れていることを発見することや、ちょっとした工夫で役立てられるヒントも得ることができます。

プロの視点で客観的に見てもらい、施術してもらうことで旅行から帰った後の生活に役立てることができるのです。さまざまな地域で、いろいろなタイプのエステがあるので利用しましょう。